期間工とはどういった働き方なの?

期間工とはどのような働き方の人をいうの?

アルバイトやパートなど働き方によってその呼び方は様々です。中にはあまり聞き慣れない呼び名で戸惑う人もいるかもしれませんが、その中には期間工と呼ばれる働き方があります。期間工は期間従業員とも呼ばれていて、大手自動車メーカーや電気メーカーなどの工場が繁忙期に人材不足を補うためにその期間だけ、働き手を募集する人員のことをいいます。以前は企業が直接募集をするという働きかけをしていましたが、現在では派遣会社などを通して募集することが多くなりました。 また期間が決まっているので働く側にもメリットがあり、例えば冬の期間では雪で農業ができない期間となりますがこの冬の時期を利用して、期間工として働くという働き方をする人も多くいた時代もあります。現在ではそのような理由に限らず、また個々の働き方はとらわれることなく自由な選択をすることが出来るので、様々な人が期間工として働いていることがわかります。この他にも期間工は賃金や会社側が寮を用意しているなど、優遇されている傾向がありその場合も安価で利用することができたり、食事も格安で提供されることもあるので、働く場所を探すときにはこのようなことを調べることも大切であるといえます。

期間工への待遇とは?

期間工は、自動車工場や電気機器の組み立て工場などで必要とされることが多く、経験や資格の必要ない作業を任されることがほとんどです。例えば工場など部品の組み立てをするオートメーション作業が多く、比較的単調な作業が長時間続くといいます。働く期間が決まっているとはいえ、一定期間その会社に従事するので健康診断を受けることもありますし、また社会保険の加入が義務付けられています。これは健康保険に加入することを意味していますが、加入する人のほとんどが会社の保険に加入することが多くまた会社によっては社会保険に加入することもあるのです。 繁忙期に作業をする人を募集している背景もあり、生産性の向上を会社側は見込んでいます。そのため残業や夜勤をすることも多いのですが、そのぶん時間外としての手当てや深夜作業に対する手当てが発生する場合が多いです。一方で働く側にとってシフト性であったり夜勤など体だけでなく精神的な負担も大きいです。体調を崩したりするなど急に休むことがあった場合は連絡を入れることは必須です。ずる休みなどはもってのほかですがこのような連絡不足により不真面目、というレッテルを貼られ次の更新時に契約を結べないこともあるので注意が必要です。