面接でよくされる質問について

面接で要注意な質問を知っておこう

期間工の面接ではよくある要注意な質問があるので、面接する側の意図を理解して適切な回答を用意しておくようにしましょう。まず、今まで一番辛かった経験について教えてください、ストレスを感じるのはどのようなときですかというのが典型的なものです。もう少し具体的な質問になると、単調な作業を繰り返すのは得意ですか、ひたむきに一つの作業に取り組んできたことがありますかというような場合もあります。これは期間工の作業として単純な作業を繰り返し行うものが多く、それをストレスに感じずに前向きに作業に取り組めるかどうかを見極める目的の質問です。過去のエピソードを交えてひたむきに作業ができることを伝えましょう。

また、この求人に応募した理由を説明して下さい、志望動機について教えて下さいというのもよくある質問です。期間工の仕事がどういうものなのかをきちんと理解できているかについて判断するのが主な目的になっています。正しい理解をした上で、自分の取り柄を生かそうなどといった考え方を持っていると優遇されるでしょう。他の期間工の求人との比較もしてどのような魅力を感じたかを説明できるとさらに良い印象を持ってもらうことができます。

働く能力や条件についても聞かれやすい

期間工の面接の質問では働く能力の有無について問われることもよくあります。働く能力があるかどうかとはどういう意味かと疑問に思うかもしれませんが、休まず勤勉に働けるかどうかを見極める目的の質問だと考えるとわかりやすいでしょう。毎日働いても健康を維持できますか、長時間のたち仕事の経験はありますか、大変なことがあっても休まず働けますかなどといった単刀直入な質問を受けるのが一般的です。心身が辛くなってしまって何もやる気が起きない状況に陥ったことがあるかなどといった婉曲な質問で聞かれることもあります。 期間工の求人に応募するときには勤務条件については明確になっていますが、選択権がある部分については面接のときに聞かれるので希望を決めておきましょう。あやふやな回答をすると希望が通らないばかりか、意思疎通が難しいという判断で採用を見送られてしまうこともあるので注意が必要です。寮制度があるけれど利用を希望するか、夜勤が可能か、土日祝日の勤務にどのくらい出られるかといったものが代表例です。また、いつまで働くのを希望しているのかを具体的に示すように促されることもあるので、働ける期間もはっきりさせておきましょう。