期間工について知ろう!

期間工は働く業種や形態によってさまざまな働き方があります。一般的な会社員とは異なる部分も多いので、まず期間工とはどういったものなのかを知る事から始めるのが良いでしょう。ここでは期間工の特徴について解説します。

期間工とはどういった働き方なの?

アルバイトやパートなど働き方によってその呼び方は様々です。中にはあまり聞き慣れない呼び名で戸惑う人もいるかもしれませんが、その中には期間工と呼ばれる働き方があります。期間工は期間従業員とも呼ばれて…

期間工はどこで募集しているの?

期間工は求人雑誌でよく募集されています。雑誌と言えばフリーペーパーなどがよく見かけられますが、有料の求人雑誌にも掲載されています。フリーの場合には複数の会社のものが同時に掲載されていることは少なく…

期間工とはどんな人達?

期間工とは、企業と「期間の定めのある労働契約」を結び製品製造工場等で業務に従事する労働者を指します。

こういった人が期間工におすすめ!

粘り強い人に向いている。コミュニケーション能力は不要

たくさんお金がもらえそうだから期間工をやってみたいなと思っていても、自分に適性があるかよくわからないので踏ん切りがつかないという人もいるかもしれません。では、期間工はどのような人であれば向いているといえるのでしょうか。まず、正社員になることにこだわっていない人。職場によっては、真面目に働いているアルバイトに「正社員になってみないか?」と勧誘するところもありますが、期間工の仕事は基本的にどれだけ真面目に働いても正社員として引き上げてもらえるわけではありません。 性格的には粘り強い人が向いているでしょう。同じ作業を続けていると投げ出したくなったり、うまくいかないときにかんしゃくを起こしてしまう人はまったく向いていません。期間工という仕事は、基本的に決められた作業を決められたようにやるというものなので、飽きっぽい人には難しいのです。一方、性格的な明るさ、コミュニケーション能力の高さといった部分はほとんど必要とされません。もちろん、最低限、同じ職場で働いている人には挨拶をするといったことは必要ですが、休憩時間にまったく人と喋らず、お昼休みは食堂で一人でご飯を食べるような人でも十分やっていけます。

ある期間は全力で遊び、それ以外の期間は働くような人

たくさんのお金を稼ぎたい人にもおすすめです。期間工は時給が高いですし、いろいろなところで一時金をもらえる可能性があります。非正規雇用でありながら、やめるときにも給料とは別にお金をもらえる可能性があるのは期間工ぐらいでしょう。また、寮を完備しているところで働く場合、工場がある場所にもよりますが給料をあまり使うところがないのでお金が貯まりやすいです。可能な限り稼ぎたいなら、契約期間を延長していけばいいでしょう。一回の契約期間は半年程度でも、四回延長して丸二年働けば、かなりのお金を手にできるはずです。 それと、メリハリのついた生活を送りたい人にも向いています。たとえば、特定の季節は趣味を極めて、それ以外の季節に期間工として働いている人は結構多いです。サーファーなどがその代表格でしょう。冬場は期間工でお金を貯めて、夏になったらそのお金で海外へ行くなどして趣味を満喫するわけです。こういった生活は、通常のアルバイトではなかなかできません。「7月から9月まで一日も働けません」と言っても、なかなか理解されないからです。就業期間が契約で決まっている期間工であれば、誰にも迷惑をかけず好きなときに好きなように時間を使うことができます。

期間工として働く為に

期間工に応募する際の履歴書の書き方

古いドラマにおいて工場で働くために直接赴いて、管理職の人に頭を下げて雇ってもらうといったシーンがたまにありますが、現在、どのような工場であっても期間工として働くのに履歴書が必要ないということはまず…

面接でよくされる質問について

期間工の面接ではよくある要注意な質問があるので、面接する側の意図を理解して適切な回答を用意しておくようにしましょう。まず、今まで一番辛かった経験について教えてください、ストレスを感じるのはどのよう…

より確実に採用される為にする事

期間工はそれなりにきつい仕事ですが、なりたい人は大勢いて、意外と狭き門です。その要因の一つとしてあげられるのは給料の高さでしょう。短期間に集中して働くことでまとまったお金を手にできます。お金を稼げ…